新卒者・既卒者の就職支援に力を注いでいる厚生労働省はこのほど、「若者雇用関連データ」をまとめ、公表した。それによると、若者の卒業後の離職率は「七五三」であるという。つまり、中学、高校、大学の卒業後、3年以内に離職する割合は、それぞれ約7割・5割・3割。つまり、若者の離職率は「七五三」の割合となっているという、厳しい現実が解説されている。

 ニートの状態にある若者は、10年間で40万人から60万人前後に増加している。25〜29歳と30〜34歳の年齢層は、それぞれ10年前に比べて倍増している。「ニート(NEET)」とは、就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない若者のことで、元々はイギリスの労働政策で出てきた用語。日本では、若年無業者のことをいい、「15〜34歳の非労働力人口のうち、通学、家事を行っていない者」のこと。

 フリーターは、やりたい職業が見つかるまでの「モラトリアム型」、正規雇用を志向しながらそれが得られない「やむを得ず型」、明確な目標を持った上で生活の糧を得るための「夢追求型」などに分類される。フリーターは2003年に217万人に達して以降、5年連続減少していたが、その後2年連続で増加。「フリーター」とは、「15〜34歳の男性・未婚の女性(学生を除く)で、パート・アルバイトして働く者やこれを希望する者」のこと。

 フリーター期間が半年以内の場合、男性では約6割、女性では約8割が正社員になっているが、フリーター期間が3年を超える場合、正社員になれた率は男性で約5割、女性で約3割と、徐々に正社員になることが難しくなる。また、年齢が上がれば収入が増加する正社員に対し、パート・アルバイトはほとんど上がらず、正社員と正社員以外の雇用形態との賃金格差は、年齢が高くなるにつれ広がっていく(45〜54歳では正社員の半分以下)。

 若者雇用関連データは↓
 http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html